有機/無機界面での化学的および電気的な接合は、光電変換デバイスの性能に大きな影響を与えます、その接合は有機/無機材料間の分子間相互作用や化学反応に基づいており、分子レベルでの能動的な制御が求められます。
 我々の研究室では、有機半導体材料と無機半導体材料の分子ハイブリッドによる新しい機能創出に挑戦しています。二次元、三次元でのネットワーク状態の制御による光触媒や分子センサーへの展開、非平衡状態での分子ネットワークの動的な変化がマクロな機能スイッチに繋がる仕組みの創出を目指します。